PMSの症状を抑えることができる|痛みを暖和したいなら

婦人

タンパク質不足

ドラッグ

赤血球不足が主な原因

貧血は全身に酸素が行き渡らないことによって生じるものであり、血液中の赤血球が不足していることが主な原因です。鉄を含むタンパク質であるヘモグロビンを作ることが赤血球の増殖に不可欠であり、ヘモグロビンがあることで酸素の運搬が実現できます。そのため、鉄分不足が貧血の原因となっていることがよくあるのが事実です。貧血対策として鉄分の摂取が推奨されるのはヘモグロビンの合成を促進するためであり、それによって改善されることがよくあります。ただし、鉄分が十分にあったとしてもヘモグロビンを合成できなかったり、赤血球を作れなかったりしても貧血になり得るということであり、様々な栄養素の摂取が必要になることにも留意しておきましょう。

タンパク質不足の影響

鉄分を摂取しても貧血が改善されない人もいます。そのときには他の栄養素が不足していることが多いため、打開策を考える必要があるでしょう。近年増加しているのはタンパク質不足による貧血です。特に必須アミノ酸が不足していることによってヘモグロビンの合成が行えない状況になっている人が多くなっていることには注意しておきましょう。ダイエットをしている女性の場合に多いのが非鉄欠乏性貧血であり、ダイエット中には必須アミノ酸の摂取を鉄分の摂取と同様に心がけることが大切です。タンパク質の不足は貧血以外にも免疫力不足や肌のトラブルを招きやすいため、たとえダイエットをしているときであっても不足しないように気をつけましょう。